Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

ゆめです。伝えたいこと、大切だと思うことを書いています。
    0 0
  • 07/06/19--13:17: 謝罪文③(追記あり)



  • こんにちは。
    ゆめです。




    すみません、改めて上げ直します。

    メッセージやLINEくださった方、ありがとうございます。

    (追記)
    この名乗り出てこられた方は、名乗り出てくるために即席でアカウントを作られています。
    ハンドルネームは念のために隠してはいますが、出しても本人と特定できるものではないので問題ありません。
    なお、ハンドルネームは、本名とはまるで異なります。
    (弁護士に確認済みです。)




    今日は、3人目の謝罪文を
    掲載させていただきます。


    こうして名乗り出てくるということは、
    Twitterやブログで拡散してくださる方がいて
    そしてわたしの置かれている立場やこれまでの経緯を、加害者が目にする機会があったからにほかなりません。

    なのでお読みくださる皆様や
    拡散に協力してくださる方々のおかげなのです。
    ありがとうございます。


    きっと、名乗り出てくる加害者にとっても
    気付きと学びが多くあることだと思います。




    謝罪文の前に
    彼女とのDMのやり取りを貼らせてください。
    (DMの掲載許可をいただいています。)



    正直に話してくださっています。


    今日はわたしの主観は入れず、
    彼女が書いたDMのやり取りと、謝罪文のみを掲載します。

    DMのやり取りは、
    選手に迷惑がかからないよう、どの選手のファンかわかるやり取りの部分などは切り取っています。


    わたしの気持ちや感情は、
    また日を改めて書きたいと思います。


    この方は、沖縄県在住です。
    示談が成立しています。



    書き込み、その他多数あります。
    ここには一部のみ貼らせていただきます。






    以上です。


    続いて謝罪文です。


    羽の輪ゆめ様

    羽の輪の活動やゆめさん、他メンバーさんを中傷する書き込みをして大変申し訳ありませんでした。
    ゆめさんのブログを読み、誹謗中傷に傷つき苦しんでいることを知りました。取り返しのつかない
    とんでもないことをしてしまった、償わないといけないと思いました。

    ゆめさんとお話していく中で、私自身に多くの問題があることを自覚しました。
    他の誰かは関係なく、酷い中傷を書き込んできたのは私です。
    ゆめさんや他の方たちを傷つけたことが申し訳なくて何度も時間を戻せたらと思いました。本当に申し訳ありません。私が中傷してきたのはゆめさんたちだけではありません。謝っても謝りきれないです。
    後悔しています。

    酷いことをしてきた事実はかえられませんが、過ちを繰り返さないために自分を律していきたいです。
    変わりたい気持ちを信じてくださってありがとうございました。変わるために努力していきます。


    加害者氏名




    皆さんは、これを読まれてなにをお考えになるでしょうか。

    想像力を働かせてみてください。



    最後までお読みくださり
    ありがとうございました。



    ゆめ



    押していただけると励みになります。
    いつもありがとうございます!

    人気ブログランキング

    0 0
  • 07/07/19--14:00: この行動の意味



  • こんにちはニコニコ
    ゆめですニコニコ




    昨日の記事の拡散を
    ありがとうございました。

    ひとそれぞれに
    感じることがあったかと思います。

    蒼さんもリブログしてくれて。
    自分の思うことを丁寧に綴ってくれています。
    いつも支えてくれているBBIの三人にも、
    とても感謝していますおねがい




    いま、すべてがうまく行き
    心穏やかかというと、そうではありません。

    炎上している時に感じていた恐怖、
    あの時の精神状態の自分は、今はあまり思い出すことができません。


    ひとは、痛みや苦しみは
    忘れるようにできている。
    人間の防衛反応だと思います。


    そしてその後
    弁護士事務所へ初めて足を踏み入れてから、そこからの道のりは更に険しく、長いこと。


    その間に、命の危険さえ感じる恐怖も実際に経験しましたし、現在進行形で想像もしないようなことが次々と起こります。
    ここには到底書けないようなことも。


    今でもメンタルが崩壊しそうになる時もあります。

    寝ていてうなされて泣き叫びながら起きることもしょっちゅうです。



    今日もいつもの友達に泣きつきました。

    「こんなにジェットコースターのような心の波には、長くは乗ってられない。
    そのうち落っこちて溺れてまうわ。」
    ←とは言っていませんけれども真顔


    まあ、泣きながらLINEしたわけです。


    途中でやめてもいいんじゃない?


    そう言われるとゆめ、
    やめてたまるかい!!とまた奮起するという。


    なんというか、、性格?なのかな。

    人間ってなんなんでしょうね。
    誰を信じていいのかわからないくらいに人間不信に陥っても、まだ尚人間を信じたいと思っている。

    根気のないゆめが、
    いつの間にこうなったのかな。


    羽生くんのファンになってからですね
    彼から学ぶものは大きいですし、
    彼をきっかけにつながった友人たちから学ぶものも大きいです。



    ひとの生き方や人生をも変える力が
    彼にはある。
    間違いなくそう感じています。


    実際にたくさんの人が救われている。
    存在するだけで。スケートするだけで。ね。




    さて、この昨日の謝罪文の方ですが、
    文章からは、とてもとても反省しているように感じました。
    この方の反省の気持ちをわたしは信じたい。
    昨日の記事以外にも、たくさんやり取りしたのです。
    その気持ちに、嘘偽りはないように感じました。


    今はどうされているのかわかりませんが、
    実生活を一生懸命生きられていれば良いな、と思います。


    この匿名掲示板に集う人たちは、
    残念ながらアンチと呼ばれる人たちだけではありません。
    ファンでも、気に入らないファンを叩くためにアンチにもなりすまします。
    そしてその中には知り合いがいたりもする。
    それが現実。

    そして、そこにいるからには
    誰のファンだとかはもはや関係ない。


    羽生くんのアンチ
    羽生くんファンのアンチ
    そして羽生ファン

    利害関係が一致すれば、
    どのファンかなどは関係なく、寄ってたかってたたきつぶすんです。


    ですからわたしはいつも言います。


    誰のファンかは関係ない。
    そのひとの人間性の問題です、と。


    本当に悪質なひとは一生気づかない。
    自分のしている ことの重大さには。
    自分から名乗り出てくることは、ないと思います。


    でもこのブログを読み、
    気づき変わりたいと心から望む人もいる。
    そのひとたちの心を、わたしは救いたい。

    救うまではできなくても
    そのきっかけにはなれるのかもしれない。

    ひとの心を救うなんて、とてもとてもおこがましいことだ思います。
    ですが本気でそう思っている。



    嘘をつき、その嘘をまた自らの嘘で塗り固める。
    自分の気に入らない相手を追い詰めるためには、罪を犯しても構わない。感情のままに動く。

    そうまでして守る嘘。
    ですがそれはやはり、
    いつかはボロが出るものです。
    問い詰められなくても、うまく隠せていると思っていても、その嘘はバレています。

    わたしは思うんです。
    そうやって生きている人たちも、実はとても苦しんでいるのではないか、と。
    嘘を嘘で塗り固めながら生きて行くことは、想像以上に苦しいものなのではないか、と。


    そしてその嘘を信じてしまった人たちもまた、
    事実を知って、自分のしたことの罪の重さを知ることになる。

    そこに気づくひとが少数でもいるということ。
    そこにわたしのしていることに意味があるのではないかと思っています。


    また続きは明日
    書けたら書きます。



    ゆめ



    ポチっとしていただければ励みになります。

    人気ブログランキング

    0 0




    こんにちはニコニコ
    ゆめですニコニコ




    連日の投稿、
    読んでいただきありがとうございます。


    今日は、わたしのような被害者を出さないようにするためにはどうしたらよいのか。
    そのことを考えていただきたくて
    記事を書くことにしました。


    三人目の方の謝罪文を読まれて様々なことを考え想像してくださった方、ありがとうございます。


    想像することの大切さ


    わたしがこのDMのやり取りと
    謝罪文を公開する真意はそこにあります。




    実は、この三人目の加害者と一人目の加害者は、同じことをお話されています。



    「羽生選手のことは嫌いではない。
    決してアンチではない。
    けれども、
    羽生選手のファンに嫌悪感を持っている。」


    そして近々公開することになる
    四人目の加害者の謝罪文とDMのやり取り。

    そこも根本的には同じです。


    この、一人目、二人目、四人目の加害者は、
    本当の意味で悪質なアンチではない。

    事実を知り、
    自分のしたことを悔いているのですから。


    この三人の共通点は、
    自分の好きな選手、応援している選手の誹謗中傷をされることが耐えられない。
    その愚痴を言う場所があの場所だった。


    あの場所は、顔も見えない名前も知らない、何人いるかもわからない。


    初めは見るだけ。
    そして恐る恐る投稿したら、
    みんなが乗っかってくれた。

    仲間がたくさんいるような気がした。

    そうしたら、心が解放されたような気分になり、
    どんどんエスカレートしていった。

    タガが外れてしまった。


    その結果…
    罪を犯してしまった…


    誰もが陥るかもしれない。
    決して他人事ではないことではないでしょうか。


    どんなに酷い誹謗中傷が書かれようと
    個人情報が晒されようと、
    憎い相手、酷いことをしている集団なのだからそのくらい言われて当然だ。

    そう思ってそこにいた。



    けれども現実は…
    自分が罪を犯していた。

    こうなるまで、
    そこに気付かなかった。

    憎い相手、憎い集団
    その対象は羽生ファン。



    でもわたしは、
    これまでどの選手も同じ日本人として
    尊敬の気持ちを持って応援してきました。

    こんなことを言うと、
    お花畑やナリオタなどと言われるのだろうけど。

    羽生選手に対する特別な感情とは違うけれど、
    どの選手に対しても、尊敬、尊重して応援してきたつもりです。

    根拠のない憶測を信じたこともない。



    それでも「悪質な羽生ファン」と一括りにされ、
    標的になった。



    〇〇ファンvs〇〇ファン
    その争いに、なんの意味があるのだろう?

    ただただ、
    人を傷つけ合っているだけ。

    結果、誰も救われていません。

    傷つくひとが増えただけ。


    この問題は、
    被害者と加害者だけの問題ではありません。


    これ以上傷つく人を出さないためには
    どうしたらよいのだろう。


    読んでくださっている方には
    SNSの使い方をいま一度見つめ直し、
    考え直すきっかけにして欲しい。
    自分の言葉に責任を持って欲しい。



    これ以上、被害者や加害者を出さないために…
    どうか、ひとりひとりの持つ、
    人間の想像力を働かせて考えていただきたいと思います。
    よろしくお願いいたします。



    ゆめ




    言葉はときに凶器になります。
    でも、人を救うものにもなります。

    人気ブログランキング

    0 0




    こんにちはウインク
    ゆめです照れ




    梅雨はいつまで続くんでしょうねキョロキョロ
    梅雨が明けたら暑い暑いですよ!

    ゆめは夏、好きです照れ
    開放的な気分になりますし、子供たちと触れ合う時間も増えるしニコニコ


    ビバ!夏休み〜ハート




    その前にね、もう少しだけ
    伝えたいことがあるのです。

    もう少し、
    がんばって書くので読んでください。




    今日は、結構質問されること。
    「開示請求ってお金がたくさんかかるんでしょ?」
    という疑問にお答えします。


    そうですね、まあ、弁護士に頼むわけですから
    それなりにかかります。

    具体的な数字は言えませんけれども…


    費用はその弁護士事務所によって異なります。


    わたしの依頼している弁護士だと
    まず、IPアドレスの開示に
    「着手金+1レスにつき〇万円」

    事務所によっては、
    成功報酬型など様々かと思います。

    そして、プロバイダ相手の開示請求で
    また
    「着手金+1レスにつき〇万円、1プロバイダあたり〇万円」

    示談交渉で
    「成功報酬〇%」

    裁判をするのであれば、またそこに費用がかかります。


    このように、段階を踏んで費用がかかります。

    もちろん、加害者から取り返す前提でないと
    ここまでの金額は出せませんね。



    なので、
    この書き込みは勝てる
    権利侵害が明白である
    書き込み、またはブログなどの記事を
    弁護士とよく相談して開示請求する必要があります。
    ←この部分は、自分では判断が難しいので弁護士に聞く。そうすると、
    このレス(記事)はいける◎
    このレスはちょっと弱い△
    これは無理✕
    など、きちんと判断してくれます。


    わたしは最初にものすごく酷い書き込み10件のIP開示をし、
    そしたらまさかの
    全部同じIPだったという結果でしたので
    その後も何度かにわけ、かなりの数のIPアドレスを開示してもらいました。

    IPアドレスを開示してもらうと、
    どの書き込みが同じIPか、わかります。

    そしてそのIPアドレスからは、
    契約しているプロバイダと
    だいたいの住んでいる都道府県、だいたいの書き込んだ地域〇区や〇市がわかります。


    そして、5ちゃんねる掲示板の場合、
    IP開示された書き込みは、一緒に削除されて
    「あぼーん」と表示されるのですが、
    これも依頼者から、
    「この書き込みは消さないでください」
    と言えば、削除されずにそのままにすることもできます。

    気づかれたくない場合などはそうします。



    そもそも炎上し、1000とか2000とか書き込まれている場合、開示した数十個の書き込みが消されたところで、なんの解決にもなりませんので…



    そしてわたしの場合、
    IP開示された書き込みの中から
    次のプロバイダへの開示請求をする書き込みを選ぶのですが、すべてやるとかなりの金額がかかります。
    なのでとりあえずは、プロバイダへログの保存をしてもらい、ログさえ保存できれば数ヶ月、半年くらい放置しても大丈夫なので、ゆっくり選べばいいわけです。


    加害者と話していると、
    「いつどの書き込みをしたのか、正直覚えていません。」
    という方が多いんです。

    常にあの掲示板にいて、色々な人の誹謗中傷を書いていると、なにを書き込んだのかわからなくなる、というのは当然の話ですね。

    他にも書き込んだものがあれば困るので、
    開示請求中のものを教えていただけませんか?
    と言われる事もありますが、
    それはお断りしています。

    情報は流せませんから。


    ただ、IP開示されたものの中には



    プロバイダは  STNet
    徳島県徳島市から書かれたものもあれば、


    この書き込み
    ↓↓↓

    これは、



    プロバイダは、WirelessGate(ワイヤレスゲート)。
    神奈川県横浜市付近から書かれている。

    という情報まではわかります。




    この書き込みに関しても、
    本人は書き込んだことを忘れているでしょう。

    今後この書き込みをどのようにするかは、わたし次第ということです。



    そもそもわたしは統一教会の信者ではありませんし、悪名高いカルト宗教などといわれる宗教にも属していません。

    わたしが悪名高いカルト宗教のようだと仰りたいのかもしれませんが、わたしのブログの記事をお読みいただければわかると思いますが、支援活動で集めた募金は、すべて支援先に寄付していますし、人からお金をいただいて自分の懐に入れたり、そのような活動はしておりません。

    なんなら、かかる経費や交通費はすべて自腹です。

    そこはハッキリとお伝えしておきます。

    支援先にも失礼ですし、
    募金を信じて託してくださった皆さんにも大変失礼です。



    強いていえば、実家へ帰れば正月には神社へ行き、お寺へ行って供養もするので一応仏教なのでしょうかね。



    勝手に憶測でなんでも書いてはいけません。
    自分の言葉には責任を持ってください。




    IP開示→ログ保存→プロバイダへの開示請求→示談交渉、もしくは訴訟手続き

    段階を追うごとに、費用がかさむ。
    ということは、加害者の負担もどんどん増えていく、ということです。



    このように、開示請求をするには
    費用も時間もかかるので、
    弁護士とよく相談の上、法的措置を取るかどうか
    決められたらいいと思います。



    被害に遭われて怖い思いをしたり、苦しんでおられるなら、一度弁護士へ相談に行かれることをおすすめします。

    相談料無料という事務所もありますので。


    いま、辛い目に遭われているかたの
    お力になれたら幸いです。



    ゆめ



    自分で撒いた種は、自分で刈り取るものです。

    人気ブログランキング

    0 0




    こんにちはウインク
    ゆめですウインク





    はぁー。
    毎日ブログを書くって
    やっぱり想像以上に大変なことなのだと実感。

    皆さん、毎日家事や育児、
    それに仕事もあるのに毎日欠かさず書かれているブロガーさんって本当にすごい!
    本気で尊敬しますお願い


    ゆめにはムリだー。



    今日は、開示請求する際に
    ゆめがいちばん不安だったことなんですが、
    ハンドルネームでの開示請求
    は可能か、ということです。

    ここが、いちばん悩んだところです。
    半ば諦め気味で弁護士へ相談したのです。

    ハンドルネームだし…と。



    わたしの場合、
    「つながる羽の輪」という名前で
    実際に支援活動を行っており、
    支援に参加してくださった方々、のべ1200人の方々には、本名もお伝えしています。

    そして、オフ会などを開いたり
    実際にお会いする方も数多くいます。

    この
    「つながる羽の輪のゆめ」
    というネット上のわたしと
    実在する「〇〇」というわたしが
    これが第三者から見て結びつくか。
    ということが重要になります。


    ネット上で
    「かえる」というハンドルネームで活動している。
    実際は、「山田太郎」という人物である。

    「かえる」という人を誹謗中傷しても
    「山田太郎」さんという人物と結びつかない場合は、名誉毀損は成立しない。


    これを同定可能性というそうです。


    例えば、誰とも交流をもたず
    どこの誰かもわからないブロガー
    もしくはTwitterでのハンドルネームで活動している。
    この人が誹謗中傷されても、名誉毀損は成立しないということになります。

    実際には、どこの誰かもわからないわけですから。



    そこのところは、開示請求する際に弁護士に確認された方がよろしいかと思います。


    悪質なアンチによる
    誹謗中傷に関して
    スケ連も
    必要な措置をとる
    と言ったからには、
    悪質なものには対応する
    という意味だとわたしたちフィギュアスケートファンは思っているので、動いてくださっていると信じています。



    憶測を信じてはいけません。
    立ち上がれー!!〇〇選手を潰せー!!
    と言って声を上げている人がいたら、
    その人はどういう人なのか、信用できるのか。
    きちんと見極める目を持ってください。

    でないと、
    その声を信じて
    大切な人を守るために!!という自分の正義に従って行動をした結果、、、
    名誉毀損で訴えられてしまった…
    なんてことになると

    自分も辛いですし、
    応援している選手も、きっと辛く悲しいです。

    そしてなによりも、
    憶測と捏造で誹謗中傷された人の心を想像してみてください。


    憶測は信じたらダメです。

    その情報のソースはどこにあるのか、
    それが真実だという証拠を自分は出せるのか、
    そこをよく考えてください。


    被害者や加害者が増えること
    傷つく人が増えること
    だれもそれを望みません。


    ゆめ



    ひとは、悪意を減らし
    善意を育むために生まれてきます。

    人気ブログランキング

    0 0
  • 07/11/19--21:07: 被害者の声




  • こんにちは照れ
    ゆめですニコニコ





    雨ってあまり好きではありませんもやもや
    ジメジメするし、気分が落ち気味になりますうずまき

    雨が好きラブラブ
    という方がいたら、
    どの辺が好きなの?滝汗
    と聞いてみたいですっ




    さて、今日は短いです。デレデレ


    これらの記事を拡散していただくようになり、様々な反応がありました。


    その中で、

    わたしも掲示板で誹謗中傷の被害を受けました。

    という方からDMをいただきましたのでご紹介させてください。
    (掲載許可いただいています。)






    わたしが掲載した謝罪文を読んで、
    被害者の方も嬉しかった、と…

    この加害者たちは、罪を犯した。

    でも、新しく生まれ変わりたいと思い、
    その思いを謝罪文にしたためた。



    加害者であることに変わりありませんが、

    あなた方の取った行動は、
    別の被害者の心も救うことになったんです。

    そうやって後悔して反省し、
    良い方向へ変わっていってもらうこと、
    それが被害者への一番の償いになる。

    そう思います。


    被害に遭われ、心に傷を負った方も
    たくさんいらっしゃると思います。

    被害者でないとわからない恐怖もありますね。



    その方々の
    反省する人がいて、嬉しかったです。
    という言葉が聞けただけで
    わたしの心も救われました。

    お気持ちを伝えていただき
    本当にありがとうございました。

    励みになりました。
    また精進しながら前に進みたいと思います。






    こんなこと言っていただけるなんて…
    少しでもどなたかのためになっているのなら
    こうして綴っている意味があったということですね。



    みんな
    一生懸命生きてます。
    わたしも、あなたも。



    天は見てござる



    良い種を撒けば、必ずあなたに還ってきます。
    幸せの種を撒けば、必ず幸せが還ってくる。

    そういうものです照れ



    ゆめ



    辛い経験は、苦しいのではなく
    磨かれているんですキラキラ
    一緒に前へ進みましょう。
    人気ブログランキング

    0 0
  • 07/12/19--19:30: 大切な



  • こんにちはウインク
    ゆめですニコニコ




    三連休ですねー!
    皆さんはなにをするのかな?

    ゆめ家族はお出かけ予定。
    この梅雨空の下、雨に打たれ滝行に…
    ←行きませんけれども。真顔真顔


    こうやって、家族で出かけることができる
    ことにいまは感謝しているというか、
    幸せだな〜って思います。



    まあね、ここまで家族にも
    かなりの心配をかけてきましたし…


    主人は、去年の夏にはじまった
    掲示板の炎上から
    ずっとわたしの姿をそばで見ていました。

    なぐさめー、時には怒りー、
    寄り添いー、の繰り返し。
    ケンカになったりもしました。

    まさに戦友のような存在。

    いまは、話し合いながら
    主人と代理人弁護士も
    お互いに連絡を取り合いながら進めています。



    さすがに子供たちには事情は話していません。
    ですがやはりわたしの様子から察します。


    去年の9月、10月頃、ある時長男のゆめ太郎が
    パパに聞いたそうです。

    「お母さん、どうしたの?なにかあったの?」

    廃人のようになっている母を心配していました。


    申し訳なさでいっぱいになりましたが、
    その当時は

    「犯罪者と呼ばれるお母さんでごめんね…」
    息子たちの寝顔を見ながら、
    泣きながら自分を責めてばかりいました。


    でもいまは、
    家族で笑い合うことができる。
    家族のことを見守ることもできる。

    そのことが、本当にありがたいのです。



    いま、ここにわたしが存在しているのは、
    家族や友人たち
    そして支えてくれる人たちのおかげ。

    そして、羽生くんという
    素晴らしい生き様を見せてくれる人の存在があるから。



    決してわたしひとりの力ではない。
    そのことを忘れないようにしたいと思います。




    最後までお読みいただき
    ありがとうございましたおねがい


    次回の記事は、読者さんからいただいたメッセージを公開させていただきたいと思います。




    ゆめ



    あなたに出会えたことが奇跡です。

    人気ブログランキング

    0 0
  • 07/13/19--08:35: 争うこと



  • こんにちは照れ
    ゆめです照れ




    羽生くん!!



    こんにちは照れ羽生くん照れ
    お元気そうでなによりですハート


    ステキなお姿ですねキラキラ


    黒いブレイド、、、
    好きですちゅー



    さて、今日は
    わたしの名誉毀損についてのブログをすべて読んでくださった方からメッセージをいただきましたので、そちらを掲載させていただきたいと思います。

    心の内を、正直にお話してくださいました。





    うんうんえーん
    痛いほどお気持ちわかりますよ。

    自分の応援している選手が
    酷い言葉で誹謗中傷されている…

    それを見るのは辛いし、
    許せない気持ちにもなりますね。


    でも、冷静な目で見れば
    選手同士は誰ひとり、争ってなんかいない。


    いま、テレビで放送中の
    「ノーサイドゲーム」をご存知ですか?

    ノーサイドゲームとは、
    一般的にはラグビーの試合終了の事です。
    この時に吹かれる笛は
    「試合が終われば勝利の側(サイド)も負けた側もない」
    という崇高なラグビー精神につながっています。


    これは、フィギュアスケート界も
    同じようなものではないかと感じています。


    選手同士が争うのは、氷の上だけ。


    氷以外のところで争っているのは、
    ファンだけなのです。


    このメッセージをくださった方は、
    そこに気づかれた。

    そして、どの選手に対する誹謗中傷もなくさなければならないと思った、とおっしゃっています。



    すべての誹謗中傷や悪意をなくす
    ことは、実際には無理なことかもしれません。

    ですが、想像する人が少しずつ増えることにより、それが良い波動となって選手にも、フィギュアスケート界全体にも伝わるものではないかと思います。



    わたしのブログには
    他選手のファンの方も読みに来てくださっています。

    わたしは、〇〇選手のファンという垣根を越え
    共存する、という世界も悪くないと思っています。

    悪質なアンチ行為をする方と仲良くする気など微塵もないです。
    ですが、そうでない方の方が圧倒的に多い。

    お互いのファンに嫌悪感を持っている人も多いとは思いますが、わたしは別のファンの方の気持ちも理解しようとすることが大切なのではないかと考えます。


    争う方法ではなく、うまく共存する方法
    を考えた方が建設的ではないでしょうか。

    「ひとりの人間として」向き合ってみるのも
    悪くないのかもしれません。



    このメッセージをくださった方は、
    わたしのブログを読み考え方が変わった、

    そして、誹謗中傷をストップさせるためなら
    このコメントを使ってくださいとおっしゃいました。

    勇気を出してメッセージをくださったこと、
    そして、想像してくださったことに
    深く感謝していますおねがい
    本当にありがとうございました。



    最後までお読みいただき
    ありがとうございますニコニコ

    よいゆめをキラキラ




    ゆめ



    想像するということは、
    未来を創るということです。

    人気ブログランキング

    0 0
  • 07/14/19--08:30: 謝罪文④




  • こんにちは。
    ゆめです。




    さて、ここのところ毎日更新していたブログも
    もう少しでひと段落つきそうです。

    あとひとがんばりしますねニコニコ





    今日は、4人目の発信者(加害者)からの
    謝罪文を掲載させていただきます。


    読みたくない方は、
    ここでUターンをお願いします。



    この記事には、
    謝罪文とDMのやり取りを掲載します。
    (DMの掲載許可、取っています。)



    反省している加害者の方々は、
    わたしとのDMのやり取りの掲載を拒否する方はいらっしゃいません。
    「どの部分を使っていただいても構いません。」
    とおっしゃいますが、スケーターへの影響を考えた時に、公開しない方がよいと判断した場合はその部分は省略して掲載します。



    事実のみを掲載し、
    わたしの心情などは次回の記事にかかせていただきます。


    この方が書かれた書き込みは
    こちらです。
    ↓↓↓





    この3つです。
    権利侵害が認められるものは
    一番上の書き込みです。

    以下、DMのやり取りです。
    ↓↓↓




    ここからしばらくのやり取りは、
    この方の応援されている選手のことが詳しく書かれています。


    この方がこの掲示板にいる理由…
    それは、
    ご自分の応援している選手について酷い言われようをされたことで、愚痴を言いたくなり書き込みをした。
    ということです。
    一人目、三人目の謝罪文の方とほぼ同じ理由です。










    謝罪文です。

    手が不自由な方なので
    PCでの謝罪文となっています。






    謝罪文
    ↓↓↓



    羽の輪 ゆめ様

    このたびはゆめ様、つながる羽の輪のメンバーの方々に精神的苦痛を与えてしまい申し訳ありませんでした。

    5チャンネル内の書き込みでゆめ様の『罪の意識』の記事を知りました。
    自分のレスがあるのを見て、その事から頭が離れずブログを遡ってすべて読みました。

    不確かな情報を鵜呑みにした安易な私の書き込みで、ゆめ様はじめご家族、羽の輪のメンバーの方が苦しんでいることを知りました。
    取り返しのつかないことをしてしまったと足が震え、「これ以上苦しめてはいけない。名乗り出て謝罪しよう。」
    と思いました。
    夫に愛想を尽かされるかもしれない、子に迷惑がかかるかもしれないととても恐ろしかったですが、ここで名乗りでなければ中傷してしまった方々を更に苦しめることになるとDMの送信ボタンを押しました。

    ゆめ様と何度もDMを交換させていただき、してきた事の告白をするうちにどうしてこのような愚かな行為をしたのか自己を見つめなおしました。

    全ては、私の心の弱さ想像力のなさ人間性の低さが招いたことでした。

    加害者の私は、どんなに責められても信じてもらえなくても当然のことという覚悟でゆめ様とお話させていただきましたが、ゆめ様から
    「あなたは悔いて名乗り出てきたのだから、生まれ変わってこれからを生きてください。」
    という温かい言葉をかけていただきました。
    してしまったことは決して消えることはありませんが、気づきと許しをくださったゆめ様に感謝しております。
    これからは、このことを胸に親として子に恥ずかしくない生き方をしていこうと思います。

    本来はきちんと手書きでお詫びしなければならないところですが、手が不自由で長い文章が書けないためパソコンの文章で申し訳ありませんでした。


    申し訳ありませんでした。



    茨城県     加害者氏名





    この謝罪文を受け取り、
    わたしが返信したDMです。








    続きはまた次回に…


    この記事を読み、
    想像力を働かせてみてください。



    ゆめ



    未来を創造するのは
    これからの子供たちです。
    わたしたち大人が、
    良い方向へ導いていきましょう。

    人気ブログランキング

    0 0
  • 07/15/19--23:45: 一旦おやすみです。



  • こんにちは。
    ゆめです。







    昨日の記事を読んでいただき
    ありがとうございました。

    わたしはTwitterを見ないので
    どのような反応かはわかりません。

    でも、それでいいんです。


    誰かになにかを言われたからといって
    考えが変わることはありませんし、
    どん底から覚悟を決めて這い上がってきたのだから、貫き通します。

    生半可な気持ちではやっていないのだから。




    わたしの心情は、
    メッセージにあった通りです。


    なぜわたしが被害者にならなければならなかったのか。
    それをハッキリさせることにより、
    今後の誹謗中傷への抑止になると考えたからです。

    理不尽なことばかりではあります。
    わたしは実際には、どなたの誹謗中傷もしていない。
    ABCさんの揉め事にも関わっていない。

    なのになぜ…
    理不尽だし、許せないという感情も
    もちろんあります。


    四人目のDMのやり取りにも書きましたが、
    匿名という影にかくれ、
    犯罪者に仕立て上げたものたちのことを
    人間ではなく、悪魔だと思っていた
    と書きました。
    今でも同じ気持ちです。

    名乗り出て謝罪する意思のある人たち、
    それ以外の逃げようとしているものたち、
    後者には、ハッキリ言って怒りしか湧いてきません。

    逃げるということは、
    書いたその言葉に責任が持てないから
    もしくは、
    自分のやったことに正当な理由がないから
    ですよね。


    ですが、わたしは
    卑怯な手を使ってやり返したりはしません。
    感情にまかせて法を犯してはいけない
    という理性があるからです。


    そう。
    人間には、想像力と理性というものが
    備わっています。


    許せないことに、
    いちばん酷い書き込みをしていた人は
    いまだに逃げています。


    四人目の謝罪文には、
    ゆめ様が
    冷静に穏やかに話を聞いてくださったから
    という一文がありましたが、
    それはこの方が名乗り出てきているからです。

    最後まで逃げようとするものに
    温情などかけるつもりはありません。






    ツイートをお借りします。



    この方も書き込みをしていたのはひとりだったとのことですが、SNSで人の誹謗中傷を書いてもなんのメリットもありません。

    ストレス発散になるかもしれませんが、
    訴えられたあと、考えられることといったら

    多額の慰謝料を支払う
    謝罪文(場合によっては実名で)の掲載
    民事訴訟
    刑事告訴
    職場に知られる
    家族に知られる
    友人に知られる

    もっとありますか?

    とにかく、
    なにひとついいことなんてないんですよ。

    この人がムカつくから
    ここで悪口言ってストレス発散!!
    こいつを悪者にしてしまえばわたしの心はスッキリなんだ!!



    その結果、自分へ返ってくるものは…
    上のような制裁です…



    よくよく考えればわかることです。



    いまや、ネットの世界は現実とつながっています。
    ネットの掲示板、SNSは、架空の世界ではなく
    現実と結びついているものです。

    ネットで罪を犯したら
    現実での社会的制裁が待っています。



    被害者の立場から言わせていただきます。



    加害者が罪を犯して許されるとしたら
    被害者と、誠心誠意向き合うこと。
    これしかないと思います。


    逃げようとしても、
    一生罪は消えることはありません。

    被害者の心を逆撫でするだけ、
    自分の首を締めることになるだけです。

    そして、自分の犯した罪は
    それ相応のことが必ず自分に返ってくる。


    もし罪を犯してしまった人がいたら
    被害者の声を聞いてください。

    被害者の声を聞いて、
    どのくらい傷つけたのか、
    どのくらい恐怖だったのか、
    そして、あなたへの許せない気持ちはいかほどか。
    想像してみてください。


    加害者側の声を聞いても
    なんの解決にもなりません。

    「わたしたちは関係ない」
    「あらあら、ご愁傷さま」
    顔の見えない架空のお仲間たちから、
    そんな冷たい声をかけられるだけです。


    被害者の声に耳を傾け、想像するんです。
    なにを求めているか、どのくらい傷つけたのか。



    それが大人としての責任です。




    被害者の方へ
    辛くても、天命をまっとうしてください。
    「死」を意識するくらい辛い思いをしたのなら
    どんな勇気でも出せます。
    暗いトンネルは、ずっとは続きません。
    必ず光は差します。




    とりあえず、この記事で
    一度ブログをおやすみします。

    また新たに動きがあれば
    その時は出てきてご報告します。



    これまで読んでいただき
    ありがとうございました。



    未来は、わたしたちの手で創るもの。
    善悪の判断は、自分自身で見極めるもの。


    人は人を傷つける。
    けれども、人を救うのもまた、人である。



    ゆめ




    ランキングボタンをクリックしていただけると励みになります。

    人気ブログランキング